2010年06月05日

こんなの二度とないと思うので。

<!−− 今回のお話は麻雀を知らない人にはあまり楽しめないかもしれません。
     イラッと来た方々はブラウザをそっと閉じるか、
     有意義な他サイトに行かれる事をオススメします。−−>

…というわけで。
残られた方は、麻雀のルールぐらいは知っている方と判断して、
お話を進めさせていただきます。


まずは、こちらをご覧下さい。

配牌

<配牌>


これはネット麻雀サイト【天鳳】さんで、僕が対局した時の様子を残したもの。
つまり、配譜の画面です。
状況は東一局の配牌を示しています。勝負開始直後の場面ですね。
(他の方々の名前も元々の画像には書かれていましたが、それは画像編集で消してます。)

そして、僕の配牌は画面下方になります。
僕は、そんなに上手い打ち手ではないので、あまり大したことは言えないのですが…。
配牌を見ただけで、索子のホンイツが見えますね。
ドラが6索なので、それのツモを期待しつつ…。
『発、ホンイツ、ドラ1』の満貫手ぐらいで上がれれば御の字、と言った所でしょうか?

…ちなみに。
この局は、僕が9巡でツモ上がりします。
結構早いですよね。

で、その上がりがコレ(↓)です。

ツモっとる。

<ツモってる…。>




緑  一  色  ツ  モ  和  了  ッ  ッ  !  !  


多分、他家さんは「ふざけるなっ!!」と思ったでしょうね…。
(そりゃそうだ、僕も逆の立場なら「ふざけるなっ!!」って言うもの。)
ごめんなさい、ごめんなさいっ!

というわけで。
今回は、このとんでもない運麻雀の全容をお届けします。
どうしてこんな事態になったのかをまとめてみました。
それでは、どぞー。

1巡目
<1巡目>
いきなり、2索ツモ。
この時は“ありがたい”と思いました。


2巡目
<2巡目>
ま、これが普通です。
そうそう索子ばっかツモれてたまるか。(←フラグ。)


3巡目
<3巡目>
また2索?…ホントに?


4巡目
<4巡目>
8索です。…これは来てるっ!
少なくとも面前ホンイツは行けるっ!(…とこの時思いました。)


5巡目
<5巡目>
連続8索。役満に対して3連続有効牌です。
『何だコレ…。』とつぶやきましたよっ!!
この引きで緑一色一本に絞ろうと決心。…右手、震えてた。


6tumo.jpg
<6巡目>
…ちっ!流れ考えろよっ!!(←なんて贅沢な!)



しかし、この直後。

僥倖ッッ!!

なんと、下家さんが“發”を切ってくれたのですっ!!
こんなもん、即ポンですよ即ポンッ!!
これをポンしない麻雀打ちはいないでしょう!?
否、これをポンしなきゃ麻雀打ちじゃねー!!
(必要十分条件です。)

…という流れでっ!

聴牌!

<聴牌!>


キ タ ー ッ ッ ! !


緑一色聴牌ッッ!!

しかも2、3、4索の3面待ちっ!!!
(←悪魔か。)
(5索が出たらただの『發ホンイツ』というがっかりな仕上がりです。
 …無論、他家から5索出ても無視したがね。
 5索ツモったら…フリテンに取ったかなぁ、さすがにこの局面は。)


で、この後8巡目は有効牌じゃなかったのでツモ切りして…。

ついに。
ついに、ついにっ!!

9巡目、3枚使ってて残り1枚しかない2索をツモって、
緑一色の役満和了ですっ!!!

やったーパチパチー!!

…それにしても。
何 と い う 運 麻 雀 だ …。

もっとこう、ねぇ?

そりゃ麻雀は運の要素が大事だったりしますけど…。
相手の捨て牌や切り方から振込みを回避したりとか、
うまく立ち回って上がりを取るとか…。
そういうものの方がカッコイイと思うわけですよ。

ですからね。
僕もそんなに頻繁に麻雀をプレイしてるわけではないですし、
このブログでは滅多に麻雀で記事書かないと思うので次をやらないかも知れないですけど、
もし次に麻雀の記事を上げるような時には、
そういうカッコイイ立ち回りが成功した話を載せてみたいものですよねっ!!
皆さんも、そういう方が面白いでしょうしっ!!
よしっ、頑張るぞっ!!


…ま、そんな上手い麻雀しようとするヤツなら、
最初『索子のホンイツが見える』とか言っておきながら、
初巡で“北”を切るなんてありえない
んですけどねっ!!

…ホント、こうやって考えると、運だけで勝ってるよな僕…orz。
posted by Hybrid at 02:41| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今度一緒に打ちましょうか。
Posted by ごじゅうに at 2010年06月06日 08:32
ごじゅうにさん お久しぶりですっ。

いいですね、打ちたいです。
…こんな捨て牌の切り方がおかしい人間でよければお相手いたしますよ。
Posted by Hybrid(管理人) at 2010年06月07日 00:24
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。