2011年04月10日

数検【参加してわかること。】

the pillowsのライブレポートを書いてたんですけれども。
今回だけ別のお話をば。


今日、僕の趣味で『数学検定(数検)の2級』を受けてきたのですよ。

『大学も卒業してるんだからいきなり1級とか、
 せめて準1級受けようぜ!』
という声も自分の中で上がったんですけどね。
いやね、1級とか準1級問題見てね、

(…これ筆記で6割…?えー、ちょっと自信ないわ。)

って思っちゃったんでね…。
まずは雰囲気とか問題傾向をつかみにいくために2級を受けようかな、ってね…。ゴニョゴニョ。

でもでも、雰囲気をつかみに行って良かったな、って思う部分も結構あったんですよ!

なのでっ!

今回は数検に関しての気づき・メモ等を書いてみたいと思いますっ!
(今後、数検を受ける方々に少しでも参考になれば幸いです。)

まず、第一に思ったこと。
テスト前後の会場は、かなり騒がしい。

今までTOEICと漢検を受けたことあるんですけど、
それと比べると数検が断然騒がしいです。

なぜかというと、全階級同じ部屋で検定を行うので。

会場によって違うかも知れないのですが、
僕が受けた会場は全員一室で受験したんです。
で、全階級というのは…1級から11級まであるんですよ。

1級は大学レベルなんですけどね。
11級って…。小1レベルなのですよ。

つまりはっ。
パイプ椅子に座ると足が床につかない男の子・女の子から会場にいるわけですよ!
これは騒がしい!
そして意外とその子達の保護者が騒がしい!
保護者同士のダベリがうざい!会場から出てけ!(言い過ぎ。)

…なので。
会場で最後の復習をしよう、なんて考えはやめた方がいいです。
とてもじゃないけど集中できない。

『勉強は前日までにしっかりと!
 自信を持って当日に臨もう!』
これ、大事です。


2点目。
【検定時間の違いにビビる】

試験は同じ部屋で行う、という話をしましたが、
検定時間は各々の級ごとに違います。
しかしながら、検定は同時にスタートします。

とすると、もちろん、
終了時間が階段状になるわけで。

そうなると…。
僕らは検定時間中なのに
突然試験官が『はい!』とか言ってくるのです!
んで、僕らが(ビクッ!)ってなった後で、

『9級から11級を受けてる人は筆記用具を置いて下さい。』
とか言うんですよ!
自分の検定級と関係ないわけで…ビビり損です!

まぁ、2級という自分の実力より下の級を受けてたから
余裕もあり大した被害はなかったですけど、
初受験で、さらに余裕がない場合は、
かなりダメージを受けると思います!

もし今後受験を考えている人がいれば、
余裕を持つほど勉強していくか、
そうなることを頭の片隅で予期しておいた方がいいと思いますよ!


…以上、長々と2点の注意事項、
・会場は意外と騒がしい。
・自分の検定時間に関係なく終了のアナウンスが入ることがある。
について書かせていただきました。

以上の注意事項と、忘れ物をしない等の当たり前のことができていれば数検は問題ないと思われます!
数検を受ける人、一緒にがんばりましょうね!
(もちろん、勉強は忘れないようにね!
 僕も次は準1級を受ける予定だぜ!)


…あ。
最後に一つ、自戒も込めて注意しておきますね。


会場の下調べ、しておこうね…orz。


(会場、小倉商工会館って名称だったんだけどさ、
 商工会館の建物の1階がうどん屋だなんて夢にも思わなくて、
 会場周辺で迷った迷った…orz。)
【関連する記事】
posted by Hybrid at 22:26| Comment(2) | 趣味【数検】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
僕も同じ日に2級受けました!
いま中3なんですけど、なんか参考書とまったく傾向が違ったんですよ・・・orz
どんな勉強をすればよいか少しでも教えていただければうれしいです><
Posted by あs at 2011年06月09日 22:33
あsさん はじめまして、コメントありがとうございます!

2級を受けたのですね。
中3で2級…。
学年に比べて高度な内容をやってますね…。
すごいと思いますよ!

さて、勉強法ですけど、
なるべく複数の参考書を解いてみることをお勧めします。
理想としては、全部の参考書で満点が取れるぐらいまでやりつくすといいですね。
そうすれば、合格に必要な知識は全て身についているはずです。

そこまで行けば多少本番の傾向が違っていたとしても、
『必要な知識は既にある』という自信を持って
問題を解くことができるようになると思いますよ!

7月には僕も準1級受けますので、
お互いに頑張っていきましょう!
Posted by Hybrid(管理人) at 2011年06月10日 00:59
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。