2016年05月25日

歴史好き艦これプレイヤーは280ページおすすめ

日曜日のことなんですけど、本屋さんに本を買いに行きまして。
それで、目当ての本を買って(さぁ帰ろうかー)と思ってたら、
店の出入り口付近で特集されてた、ある本が目に飛び込んできたのです。

図説 日本史通覧 -

いわゆる、高校の日本史の授業で使われたりする日本史の資料集、ですね。
これがワゴンの中に見本誌まで置いて売られてたんです。

そこそこ日本史には興味がある人間ですので、
ワゴンの中の見本誌を手に取ってペラペラと眺めてみたんですね。

そうしたら、びっくり!
写真とか図がかなり見やすくて綺麗なんですよ!

そして、ページ触ってると紙がすごく薄いんです。
高校の頃持ってた資料集に比べたら半分くらいの薄さじゃないでしょうか。
で、この資料集自体の厚さは高校時代のものと大差なく感じたので、
内容量的には倍近くになってるんです。こいつはすごい。

あとになってよくよく考えると、
ナショナルジオグラフィックのページの厚さと遜色なかったので、
綺麗な写真や図がこの薄さで載ってても何の違和感もないんですけどね。
多分、比較対象が高校の頃の資料集だったから、でしょうか、驚いたのは。
あの頃の印刷技術と比べてすごく進化したんだな、と実感しました。

まぁ、そんな感じで図が綺麗だったのもそうですけど、
資料集として大切な種々の歴史事項の事柄もびっしり詳細に書かれてましてね。
家でこの本をパラパラめくってるだけでも面白そうだな、と思ったわけです。

で、そうなると値段が気になってきまして。
ほぼ全ページカラーでざっと400ページほどある本ですよ。
まぁ安くて2,3千円ってとこかなー(など思いつつ裏表紙をめくる)

定価 本体857円+税


店員さーんこれくださーい!(さっき寄ったばかりのレジ直行)

っていうか安っ!
そんなものなの!?え!?
高校の授業で使われたりするものだから
買いやすい値段設定になってるんですかね!?

まぁ、高校生やその保護者さん的には
『日本史なんて面倒な授業で使う副読本なんざ安くて当然!!』
ってことなんでしょうけど、
ただの日本史に興味があるだけのおっさんにしてみたら、
この値段は感謝しかありません。本当にありがとう!

暇なときにペラペラめくって楽しむよ!

艦これのE-7甲ラスダンが落とせなくて疲労回復してるとき、とか…っ(涙)


…うん、そうなんだ。
艦これイベントの更新を毎日やってたのに、
何故突然こんな普通の日記を書いてるのか困惑してると思うけど、
E-7甲のラスダン《まだ終わってない》んだ。

まぁ、どちらにしてもE-7の記事は色々と分けるつもりなんですけどね。
明日はE-7での掘り結果の更新をする予定。ではでは。
posted by Hybrid at 23:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。