2012年05月19日

the pillows TRIAL ツアー福岡公演レポ3【つり!】

トライアルツアー福岡公演レポ、
ラストの3回目はライブMC集です!

(印象と記憶に残ってるものを書きます。
 忘れている部分、前後関係の欠落等
 部分的に記憶から抜けてるものもあるため、
 実際のMCとは異なる場合があります。ご了承ください。)


<僕らも知ってる!>

さわおさん
「(汗だくになった頭をタオルでわしゃわしゃと拭きながら)
 今こんなふうに汗拭いてるけどさ、
 これでも舞台に出る直前は髪型に気を使ってるんだぞ。」

会場「ww」

さわおさん
「もう、元の髪型がどんなのかわかんないだろ?」

会場「w」
会場のお客さん「それでもかっこいいー!

さわおさん
「うん、(俺が)かっこいいのは知ってる。


<トライアルという名の…。>

さわおさん 
「福岡にはさ、
 トライアルってコンビニ(※)があるんだって?」

会場 「w」

さわおさん
「そのコンビニはさ、福岡には多いの?」

会場のお客さん「多いー!」
会場のお客さん「少ないー!」

さわおさん「どっちだよ!w


会場のお客さん「私、トライアルでバイトしてるー!

会場「www」

さわおさん「…そうですかw


【※…トライアルというお店は正確にいうとディスカウントスーパーです。
 ものによってはホントにおかしいぐらい安かったり、
 なぜか電化製品や腕時計を扱ってたり。
 下関にもあるよ。】


<この場を使って説明。>

さわおさん
「前にスペースシャワーでミスチルの20周年特集番組やってたんだけど…。
 観た、って人いる?」

パチ…パチ、パチ。
(会場全体からまばらな拍手。)

さわおさん
「あれ、意外と少ないw」

会場「w」

さわおさん
「じゃあ、その少ない人に向けて話す感じになるんだけど。
 その番組内で、ミスチルと縁のある人たちからのコメント、
 みたいなのがあって。
 2,3分ぐらいのコメントだと思うんだけど、
 それに僕も出てるんです。
 で、僕もオンエア観てないからなんとも言えないんだけど…。
 たった2,3分のコメントなのに、
 多分、僕、ものすごいしっかりとメイクして映ってるはずなんですよ。」

会場「ww」

さわおさん
「ただ、それには理由があって。
 インタビュー受けた日に、実は、
 夏に出るプレデターズのPVを撮ってたんですよ。
 で、そのPV撮るために、
 GLAYのヘアメイクさんにがっつりメイクしてもらってて。
 そのPV撮ってる休憩中に『コメント撮ります!』なんて言われたから、
 仕方なく、そのメイクのままでコメントを撮ったんだよ。」

さわおさん
「だから、もし、
 『なに、2,3分のコメントでがっつりメイクしてんのww』
 とか言ってる人がいたら、
 キミたちから『あれはね、そうじゃないんだよ、違うんだよ』と、
 説明しといてくれない?」



<つり話1>

淳さん
「今日ホテルで朝目覚めたら、ふくらはぎがつりそうになって。
 それでふくらはぎをかばおうとしたら、背中がつっちゃって

会場「w」

淳さん
「背中痛い!と思って背中かばおうとしたら、
 今度はふくらはぎがつって。」

会場「ww」

淳さん「最悪の目覚めでした。」


<つり話2>

しんちゃん
「熊本のドラッグストアに行ったとき、
 足がつる人用の飲み薬が売られてたんだけど、
 それが9袋…ぐらい入って900円ぐらいして。
 …ちょっと高いな、って思って。
 けど、その近くには湿布が20枚で600円で売られてたから、
 そっちを買った。」

会場「w」

しんちゃん
「でも、その飲み薬の効果も気になるから…。
 もし飲み薬の効能をご存じの人がいたら、
 BAD MUSIC までご一報を。


<つり話3>

さわおさん
「(MC中に飲んでる水のペットボトルを指さしながら)
 …これ、普通の水じゃないんだよ。
 電解水…って言うの?
 飲める点滴、みたいなやつで。
 疲れにくくする、とか、
 筋肉をつりにくくする効果とかもあるらしい。

 …今回のツアー中、もう3回もつってるんだけど。

会場「ww」

さわおさん
「(首をひねりながら)…こいつも万能じゃねぇんだな。

 …というか、今日つりの話ばっかしてんなw

posted by Hybrid at 03:59| Comment(0) | TRIALツアー福岡公演レポ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月16日

the pillows TRIAL ツアー福岡公演レポ2【つり?】

さて、前回に引き続きツアーレポを。
今回は会場内に入ったところからスタートです。


【注意】
 ライブレポですが、ツアーがまだ進行中であるため、
 セットリストについては極力言及していません。
 『ツアーの1曲目はツアータイトルのアルバム1曲目』
 『ツアータイトルになっているアルバムの曲は全曲演奏』
 はお約束(のはず)なので、
 それらを中心にレポして行きます。
 
 また、紹介するさわおさんの言葉も、
 うろ覚えで書いていますので、間違っている部分もあるかと思いますが、
 ご了承くださいませ。


ライブハウスの会場内を見渡した感想は、
少しこじんまりとしてるなー、といった印象。
zepp と比較して見てるからこう思うのでしょうね。
キャパは500人〜600人程度。
決して狭くはないはずなのですが。

会場の後ろでドリンクをもらうのですが、
ウーロン茶を頼んだらコップで渡されて少しびっくり。
どうやら水を頼んだらペットボトルでもらえたらしいのですが、注文時には気づかず。後の祭りです。

仕方なく、ライブが始まる前にがぶ飲みして、
ライブ中は水分の補給をしないことに決めました。
ピロウズのライブ中は飛び跳ねるのに、
 コップなんか持ってられるかっての!


さて、ライブレポを本格的にする前に自分がいた場所を。

僕がいたのは、ちょうどライブハウスのど真ん中あたり。
真っ正面にさわおさんが見えるポジションでした。
身長の高い人が前方にいないので悪くない場所。

いや、悪くないどころか。
会場があまり広くないので、
ライブ中はさわおさんの表情どころか後ろのしんちゃんの表情まで見える場所。
しかも遮るものはほぼないという、かなりいいロケーションでした。
(『エネルギヤ』演奏時等に、
 <真鍋さんのギターが見たいなー…。>→<よく見えない!>
 と思ったのが唯一悪かった点。)


それではそろそろライブレポスタート!


1曲目はアルバム『TRIAL』の1曲目『Revival』!
前回のHORN AGAIN ツアーでは1曲目が『Limp tomorrow』だったので、
スロースタートだったわけですが、
今回はいきなり会場のギアがマックスに!

そのあとに連続で演奏された2曲も
アップテンポなロックナンバーが続きます!

僕はというと、この時点でもう、
ふくらはぎの辺りに痛みが…orz
そして、すでに汗だく。
我ながら情けない限りですが、
ライブは楽しいので、
足が痛かろうがなんだろうが飛び跳ねます!

そして、シングル曲の『Comic Sonic』!
はげしく盛り上がる感じではなくゆったりと内側から盛り上がる感覚!いいですね、最高です!
このあとに『Flashback Story』!
跳ねるような曲調に思わず飛び跳ね…たくなったけど、
ここは聴き惚れてましたさ!跳ばずにね!
(身体を休めてたとも言う。)

これから今回のアルバムには収録されてない曲が続きます!
ここら辺は(まさかこの曲が聴けるなんて!!)という名曲のオンパレード!
嬉しかったです!

さわおさんが「すごく古い曲をやろうと思う」と言って紹介してくれたあの曲も、
「これもまた少し古いんだよね」と言って紹介してくれたあの曲も嬉しかったー!

そして、忘れてはならない、もう1曲のシングル曲『エネルギヤ』!
もうね、これは、聴き惚れるしかないでしょう!
ゆったり目の曲調で難しい歌なので、
ここは音楽に乗るのではなくプロのプレイを鑑賞。
改めて、さわおさんの歌いいなー、と思いましたね!

『ポラリスの輝き 拾わなかった夢現』と『持ち主のないギター』は素直に泣きそうに。
胸に手を当てて、ただ聴き惚れてました。

というかねー!
『TRIAL』収録曲以外も名曲目白押しだったんだよね!
今回のアルバムが、
『初めから盛り上がり!→中盤泣かせて→最後に大盛り上がり!』
という感じなので、
過去曲も、それに合わせた曲が選ばれてて!
中盤から終盤は涙なしには聴けない曲のオンパレードでした!

そして、アンコール前ラストの『Ready Steady Go!』はやはり凄かった!
アルバムを初めて聴いたときに
(これがライブで盛り上がらないはずがない!!)
と思った曲でしたけど…!
やっぱりね!盛り上がるよね!
この曲と詞で盛り上がらなかったらバスターじゃないよね!!
という感じで!
感動と熱気が会場に充満した瞬間でした!


…しかし、ライブはまだ終わりません。

そして、今回のライブ最大の事件(?)が、
この直後に起こります!


<アンコール時の話>

(アンコール前の)最後の曲『Ready Steady Go!』が終わった直後のこと。

観客のみんなが音の余韻に包まれながらも拍手を絶やさず、
メンバーは拍手の中、
楽器を置き、ゆっくりと、一旦袖に戻っていく場面…。

…の、はずなのですが。

なぜか、メンバーが袖に戻らない。

それどころか、
さっき置いたばかりの楽器をメンバー全員抱え直しました。

僕を含めた観客は、
メンバーの次の動向をうかがいながらも、
驚きで「おおっ!」という声をあげます。

そのうち、
ギターを抱え直したさわおさんがマイクへと進み。

さわおさん「もう俺たち40代だろ?…そこの階段上り下りするの辛いんだよw
(※…DRUM LOGOS は3階に控え室があるらしい。)


観客「ww」

さわおさん「どうせ、アンコールやるんだろ?」



さわおさん「…今すぐやってやるよ。」



観客「うおぉぉおおお!!!」
(今日一番の歓声!)


というわけで、
『メンバーが舞台袖に下がらない』という異例のアンコール!
大盛り上がりです!


そして、このアンコール2曲の終了後は、
きっちり舞台袖に下がり階段を上るメンバー。
しかし、アンコールを望む声はなり止まない!
メンバーが舞台から下がって流れ始めたCD音源の『Ready Steady Go!』に合わせて、
誰もいなくなったステージに向かい、拍手し、コーラス部分を歌う僕ら観客!


数分後、その音に呼応するかのように照明が再点灯!
舞台に再度現れたメンバー達!
歓声もひときわです!

そして、観客を見渡してさわおさんが一言!


「…だから、40代に階段の上り下りさせんじゃねぇよ。」


この言葉で会場が一瞬に笑いに包まれますが。


さわおさん「アンコールありがとう。…じゃ、最後にもう1曲いくぜ!


この言葉で会場の雰囲気はまたしても一変!
一気にハイテンションの極みへ!


こんな風にして、2度目のアンコールで、
最後の1曲を披露!
大盛り上がりの中、ライブはフィナーレを迎えました…!


【大まかなライブレポは以上ですが、
 次回はライブ中に行われた印象的なMCを紹介します。
 タイトルが『つり』の理由も次回明らかに!?】

posted by Hybrid at 21:00| Comment(0) | TRIALツアー福岡公演レポ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月15日

the pillows TRIAL ツアー福岡公演レポ1【つり】

さて、忘れないうちにレポを書いておこうと思います。
the pillows TRIAL ツアー福岡公演ライブレポ!
2012年5月10日に行われた、
福岡DRUM LOGOS でのライブの様子をレポートしようと思います!

僕にとってthe pillowsのライブ参戦は、
前回のHORN AGAIN ツアーに続いて2年連続2回目となります。

前回は初めてだったから会場に行くまでに少し迷ったのですが、
今回は2回目だから迷わないぜー!

…なんて、チケット買うまでは思っていたのですが。

会場が変更されてんだよね、今年ね。

今年の福岡公演は去年のzepp fukuoka から、
キャパが少ないDRUM LOGOS に変わったのですよ!

しかも、zepp fukuoka は『福岡ドームの目の前』という
非常に分かりやすい目印があったのですが、
今回のDRUM LOGOS には特に目印もなく!

…おかげで少し迷ったよ。
地下鉄降りて30mぐらい逆走したよ。
手にiPhone握ってるのにね。
Google Map もちゃんと起動してるのにね。
目的地もちゃんと設定してるのにね。がっかりだね。
信号1つ渡ったところで気づいてよかったですよ、ホント!

よし!決めた!
今日はもう、自分を信じずにGoogle Map を信じるぜ!(え?)

というわけで、
Google Map を信じた結果、
あっさりと会場までつながる道までたどり着きました!
あとはまっすぐ進むだけで会場!
やったね、オレ!
ビバ、Google Map !

…ところで。

なんか、この道の両端にある自販機等が、
たっぷりと黒スプレーで落書きされてるんですけど…。
んで、目の前には『福岡少年保護観察所』なんてのが…。


えと、何?
これは、夜歩いてもいい場所なの?
若干スラム街の雰囲気が…。
まぁ、ライブハウスには、
スラム街の雰囲気がある意味合ってる気もするけどさ!

まぁ、いいさ!(ちょっとビビったけど)問題ない!
さぁ、会場にレッツゴー!

【長くなったので明日続きを更新します。
 明日は『つり』ではなく、
 ちゃんとライブの様子をレポするよ!お楽しみに!】
posted by Hybrid at 22:46| Comment(0) | TRIALツアー福岡公演レポ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする