2009年10月14日

いつまでも時代錯誤で。

OOPARTS ――。
それは、“Out Of Place ARTifactS”の頭文字をとったもので、
一般的には、
『作られた年代からすればありえない技巧が用いられていたり、
 その時代には絶対に発明されていないと考えられるモノを対象として作られた物質』を指す。
例えば、よく知られてるものでは、古代の遺跡から『ドクロに形作られた水晶』とか、
『飛行機そっくりの工芸品』が出土したりしている。

そういったものが、OOPARTS と呼ばれるモノであるが――。
ここで語りたいのは、勿論そういった超常現象的な話ではない。

"the pillows"のニューアルバムのタイトルが『OOPARTS』であるのだ。

OOPARTS【初回生産限定盤】

OOPARTS【初回生産限定盤】

  • アーティスト: SAWAO YAMANAKA
  • 出版社/メーカー: avex trax
  • 発売日: 2009/10/14
  • メディア: CD



今年結成20周年の彼ら。
今年はライブDVDのリリースから始まり、
アンプラグドツアーのDVD、新曲2曲を含んだ2枚のベストアルバム、
シングル『雨上がりに見た幻』と、リリースラッシュを続け、

ライブも前述のアンプラグドツアーから対バンツアー、
そして結成20周年記念日に武道館公演までも行ってきた彼ら。

『20周年を祝われるよりも自分達で飾る!』
と言わんばかりの精力的な活動の中、届けられたこのアルバムには、
ベテランと言われそうな年数を重ねながらも、
また新しいピロウズサウンドが刻まれているように感じた。

それはまた、20周年を通過点として、
いや、“ここを新たなスタート地点にして”突き進んでいこうという意思にすら思えた。

そして、自らを『年輪だけの知名度(Dance with god)』、
『たぶん僕はダメ人間なんだよ(FOXES)』と自虐し、
『好きな道を歩いて人生と呼べばいい(YOUR ORDER)』と自由を謳い、
『キミは誰より素敵(Beyond the moon)』と青いような恋を描き、
さらに『僕は等身大でありたい(LIFE SIZE LIFE)』と歌い上げる。

傍から見ると、昔から何も変わってない歌詞。
ある意味では何も変わっていない行動。

だが、それを20年続けた時、人はここまでの地点に立てる。

だからこそ、
『荒野の果て どこかにきっと 足跡残ってる
 それだけが それだけが 生きた証(雨上がりに見た幻)』
という叫びに、他人は感動できる。

それをピロウズは見せて(魅せて)くれている。

そして、『僕らは時代も背景もそぐわない遺物(雨上がりに見た幻)』。
つまり、このアルバムではピロウズ自身が“OOPARTS”だと歌い上げているのだ。

一般的には自虐的な意味の言葉に聞こえるが…。
この言葉は、他方ではまた、別の見方もできる。

それは、ピロウズが“現在進行形の存在”であるから。
すなわち、『ピロウズが現在の技巧ではありえない存在』という意味にも取れるのだ。

それこそ、
“千年先になってようやくその偉大さに気付かれるような存在”なのかもしれない。


そんな人達の音楽を現在進行形で聴く事ができる。
その凄さ、恐ろしさをもっと多くの人に体験して欲しいと切に願う。




……。

ども。Hybridです。
長いネタにつきあってくれてありがとうございます。

ちょっと、『音楽雑誌の編集者っぽい文章を書いてみたかった』から書いてみました。
…どうなんだ、コレ?

まぁ、とりあえず、
…個人的には敗北感でいっぱいです。orz。
(すごいね、音楽雑誌とかの文章書いてる人達って。)

…そもそも。


今日買ってきたばかりのCDをそんなに語れるわけないじゃんっっ!!
くそぅ、今日はここで終わりっ!!(逆ギレ。)

posted by Hybrid at 00:00| Comment(0) | 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月07日

今の所、何を練習しても楽しい…。

何日か前の更新で、
『散財したからお金がー』的な話をしたんですけれども。

その散財の原因が金曜にウチに来ましたので、
ご紹介しておきますね!

こいつです!どうぞー!

ギターと思われる。


ギター、ですねっ!
…なんと、20代後半にして初めてのギターなんですよー!
今までも欲しかったんですけれど、
最近急激に欲しくなって買っちゃいました。
(理由は色々とあるんですけれどねー。こまったもんです。)

まぁ、見る人が見ればわかるとは思うのですが。
ストラト系と言われるギターです。
で、メーカーはフェンダー…と言いたい所ですが。
スクワイヤーでございます…っ!(予算が…っ!!)
(ちなみにスクワイヤーというのは、
 フェンダーという有名メーカーの直系の会社の事です。
 でも、直系ですが廉価ギターメーカーなのです。値段もそれなり、音もそれなり。)

うーん、本当は初心者でもいいギター買った方がいいらしいんですけどねー。
そりゃ、僕もフェンダーのギターが欲しかったんですよっ!
でもほら、あるじゃないですか。
予算の都合とか予算の都合とか予算の都合とかっ!

…とはいえ。
僕はまだ『ギターコードの押さえ方もロクに知らない初心者』ですので。
そんなに音にこだわらなくても、コードや弾き方をきっちり練習できる事が大事ですし。
すぐに飽きたりして、高い金をドブに投げ込むのもイヤでしたし。
もしも、何年も続ける趣味になれば、
その時には高い金を出してでもフェンダーを買えばいいや、と思った
ので
色々な事を天秤にかけながらも、アイツを買いましたっ!(見た目も結構好みだったんで!)

ま、でも今のところ、
単純なコードをジャカジャカやってるだけで結構楽しいので、
このまま行けば長く続けられるかもしれません。
とりあえず、今は楽しみつつ頑張ってみたいと思いますっ!
(何か、楽器が一つずつ地味にできるようになるのって、面白いですよ!)


だから、今のままでいけば、
来年とか再来年ぐらいにはフェンダーを買うことになるかも知れないですねっ!
それまで続けられるといいですけれどねー。どうかなぁ…。

あ、そういえば、
『どうしてそんなにフェンダーにこだわってるんだ?』って
お思いじゃないですか…?

理由は当然アレですよっ!
このブログでも何度か記事書いてるアレですっっ!!

そう、もちろん、


『けいおん!』の“あずにゃん”こと中野梓がフェンダーを使ってるからですっっ!!

…って、
ちっがーうっ!

そりゃ、唯よりは梓派だけどっ!
って、それも違う!違わないけど違うっっ!!!



(…はい。本当の理由は、当たり前ですが、
 『ピロウズの楽曲で使われるギターがほとんどフェンダーだから』です。
 …それ以外に何があろうというのか!?…ねぇ?)

posted by Hybrid at 00:00| Comment(0) | 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月03日

『ジョークは笑うのが礼儀』なんだぜ…?

あー!!何て事なんだーっっ!!!
…あ、はい、えっと、その、察してください。

…何だかわからない人も多いとは思いますが。
とりあえず、
今日の更新はthe pillows に興味がない方『全無視』でお送りいたしますっ!
ご了承くださいませっ!

…というわけで、本題に。

出ましたよ!買いましたよ!
the pillows 20周年記念シングル『雨上がりに見た幻』っ!!


雨上がりに見た幻(初回限定盤)(DVD付)

雨上がりに見た幻(初回限定盤)(DVD付)

  • アーティスト: SAWAO YAMANAKA
  • 出版社/メーカー: エイベックス・エンタテインメント
  • 発売日: 2009/09/02
  • メディア: CD




もうね…。中身が凄いのは『いつもの事』なんで言う事何もないんですけれどね。
長年のファンは多分皆、ジャケット写真で泣いてますよ。ずるいよ、アレ。

なんで『Hybrid Rainbow』のジャケットと、
撮影場所もポーズも同じにしますかっ!?



ハイブリッド・レインボウ
(アマゾンさんが画像をブログ上に出してくれないので、
 確認されたい方は各自クリックして下さいませ!
 …申し訳ないです。)

それは何ですかっ!?ファンを泣かせようとしてますか!?
特に、
『Hybrid Rainbow が好きすぎて
 ハンドルネームでHybrid を名乗ってるようなバカ』を
号泣させようとしてますかっっ!!??

(んなわけないです。)

で、タイトルが『雨上がりに見た幻』ですよ…。
何が言いたいのか判り易過ぎるぐらいに判りますよ。
こんなん中身聞く前に泣きますって。本当に、もう。


で、まぁパソコンで音源聴きながら歌詞カード見てたんですけれどね。
(曲の感想は書きませんよ?…原稿用紙5枚ぐらいになりそうなんで。)

何気なく、封入されてた紙を見てみたんですよ。
…そしたら。


<3作連動キャンペーン実施!!>
本作品に加え6月3日発売の"Rock stock & too smoking the pillows"、
10月発売予定オリジナルアルバム
お買い上げの上、ご応募いただいた中から抽選でグッズをプレゼント!
(抜粋して引用しました。)


ちょ、まっ!!

グッズは別にどうでもいいけど、(←失礼。)
10月にオリジナルアルバム出るのかっっっ!!!?
6月にベスト2枚も出しておいて!?そこに新曲も入れておいてっ!?
10月って来月じゃんっ!?

えー!?40代仕事し過ぎーっ!!(←何て事を。)

まぁ、もちろん嬉しいんだけど…。まずったなー。
ぶっちゃけある買い物したせいで、今月と来月金欠の予定なのに…。

あー、くそぅ。
事前にこの事知っておけば、お金節約したのになー。弱ったなー…。

って。…あれ?
そういえば、
3作連動キャンペーンに6月に出た"Rock stock & too smoking the pillows"が
入ってなかったっけ…?

まさか…。

ガサゴソ。(←"Rock stock & too smoking the pillows"のCDを棚から出してる音。)
カパッ、スッ。(←ケースを開けて歌詞カードを出した音。)
パラパラ。(←ページをめくってる音。)

………っっ!!!!

"Rock stock & too smoking the pillows"に封入されてる紙にきちんと
3作連動キャンペーンの事と、そして、
『10月にアルバム出る』って書いてあるーーっ!!!…orz。



まさか、3ヶ月も前に発表されていたとは…。
二重にショックだ…。

(事前に知っていれば節約できたのに&自分の情報が3ヶ月も遅れていた事実に。)
posted by Hybrid at 00:00| Comment(0) | 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月15日

Wiki見たら“真鍋”や“鈴木じゅん”もいたのか。

ふわーぁ…。
何だか寝不足ですー。
…ま、原因ははっきりしてるんですけれどね…。

某動画サイトで『けいおん!』を10話までぶっ続けで見てましt

(ん、あれ…?なんか雰囲気がおかs…!!)

いや、ちょっと待て!
キミ達は間違いなく勘違いしただろう!?
今、心の中で「はやりに流されやがって」とか思っただろう!?
「はいはい、萌え萌え」とか思っただろう!?
違うんだって、俺の言い訳を聞きやがれ!(言い訳?)

僕がピロウズっていうバンドのファンをやっている事は多分知ってるでしょう。
このブログでも迷惑も省みず何度か記事書いてますから。
ハンドルネームもそのバンドの曲名から取ってるぐらいのファンです。
で、そのピロウズのボーカルの名前が『山中さわお』さんとおっしゃるのですよ。
そして、『けいおん!』に出てくる顧問の女性教師の名前が『山中さわ子』って言うんです!
それをこの度知ったわけですよ!

どうですか、これ!?
確かめてみたくなりませんか!?
その『山中さわ子』っていう人がどんなキャラなのか!?
っていうか、作者間違いなくピロウズファンじゃん!?
これは見なくては!同志の作品は見なくては!
(何ら無理のない論旨展開。)

というわけで見てたんです、『けいおん!』。
で、まぁ頭の方で先生出てきたんです。
けれど、それがチョイ役で。
(合ってるよな?この人…だよな?)って思いました。
だって、あまりにチョイ役すぎて名前聞いた覚えもないんですもん!
でも、見た目は『腰までの長髪でメガネでおしとやか』って感じでした。
う〜む。何と言うか、上手く言えないんですけれど、
“『山中さわお』さんから名前を取っているわりに全然イメージ違うな”って感じました。
(じゃあ、どうなら『山中さわお』っぽいんだ、って問われると…。
 正直、どう答えていいやらわかんないんですけど。とにかくイメージとは違ったわけです。)

(じゃ、作者さんは名前を借りただけなのかな…。)
とか思いながらもその後を見ていたんです。
だって、今後どうなるかわかんないじゃないですかっ!(何ら無理のない論旨展k)
ちょっと『うんたん、うんたん』に騙されそうになりましたけどっ(騙されそう?)
ちょっと『萌え萌え〜キュン♪』にやられそうになりましたけどっっ(やられそう?)
それを楽しm、もとい、我慢しながら見ていたら。

5話目で正体を現しやがりましたよ、この先生!
主人公にギター持たされた瞬間豹変。いきなり超速ギターを披露して最後は歯で弾き始める始末。
それで過去にメタルバンドをやっていた事を明かされそれをネタに半強制的に顧問に就任。
そこで実はおしとやかキャラが“演技”であることが判明。
その後は自作のコスプレ衣装を部員に着せようとするし、
明らかにキャラが4話までのイメージとは違います。
っていうか、『どうしようもねぇ、この教師』。

で、そんな様子を見て僕はどう思ったかというと…。

『あ。何か納得。』

…い、いやちょっと待て早まるなっ!!
「お前本当にファンなのか!?」とか言うな!俺の話を聞け!
つまり、その、何て言うか、
『内に持っているものと外に出ている雰囲気が違う』
っていうのが僕のさわおさんに対する印象の一つなんですよ!
その点から考えると、『あながち間違ってないかも』って思ったんです。
それに『服の自作』。
さわおさんって、『昔ライブで売るTシャツを自作していた』事があるんですよ!
だから『Tシャツを作っていた』を曲解して、
『コスプレ衣装自作』になっても別に違和感は無いわけです!(何ら無理のないr)
(まぁ、さすがに人に着せようとするのはどうかとは思うけれど。)

そういう点から考えるに、
『山中さわお』→『山中さわ子』は名前だけの借用ではなく、
ある程度考えられたものだという事ができるでしょう!(何ら無r)


…ところで。
「何をアニメ一本に対して独自の解釈を加えつつ熱く語ってんだ」
っていう至極真っ当なツッコミは聞こえないフリをしますのでよろしくお願いします。

posted by Hybrid at 00:00| Comment(0) | 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月10日

立体ピクロスがー。

いや〜、企画やってた9日間の更新は楽だったな〜。
(前もって書いていたから9日間は見てるだけでした。
 毎日ネタ考えなくていいなんて、楽すぎる。)

僕はいいタイトルさえ得られれば作品を結構すぐに書ける人間なので、
こういう企画は非常にありがたかったのです。
また機会があればやるかも知れませんね。

ま、それはそれとして。

前に買ったと報告していた『立体ピクロス』が全く終わりません。
終わらないけど面白いです。
(「スローンとマクへールの謎の物語」は買って4日で終わりました。)

もう何なんですかね、コレ?
立体ピクロスって端的に言うと、
『数字に沿って岩を彫刻のように削って形を作り上げるゲーム』なんですけれど。

実際に削ってるのは岩じゃないですっ!
時間とか、人生とか、大事なものが一切合切削れていきますよっっ!!
さらに上級コースやってると精神までもが削れていきます。(これはつらい。)

そろそろ厚生労働省は“タバコ中毒”“アルコール中毒”に匹敵するものとして
“立体ピクロス中毒”というのを宣言するべきですっ!!
パズル好きにとってこのゲームは本当に麻薬ですっ!!

本当にDSは『(D)ダメ人間(S)製造機』の略だという事を再認識しました。

…まだこのゲーム未経験のパズル好きがいましたら、
正直やらない方がいいですよ?
貴重な時間がガシガシ削れていきますから。


…そしてそんなゲームなのに毎週Wi-Fiで問題配信されて、麻薬が追加投入されるのですー。
ああー。どこまで人の時間を奪う気だ任天堂ー。

posted by Hybrid at 00:00| Comment(0) | 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする