2015年12月31日

うろ覚えライブレポート 《2015 "LOSTMAN GO TO CITY"》 編

ども、Hybridです。
今年ももうおおみそかですね…。
ベタな言い方ですが、月日が経つのは早いものです。
写真 2015-12-20 16 21 02.jpg

さて、今回は12月20日に行われた、
福岡にあるDRUM LOGOSでのピロウズのライブについてのレポをお送りします。

僕にとってはサポートベーシストの淳さんが解雇されてから
初めてのライブ参加になりますよ…。ちょっと切ないね。

にしても、今年はリリースがなかった
ピロウズがこの年末にツアーをしてくれるなんて…。
ホントにピロウズは素敵なバンドですぜ、ダンナ。

あ、ちなみに"LOSTMAN GO TO CITY"というツアータイトルには
『普段のライブではあまりやらない曲をやるツアーだよ』
という意味が暗に含まれております。
コアなファンなら『LOSTMANツアーならあの曲やってくれるかな!?』と
目をキラキラ輝かせるところですが、
新規のファンですと(…知らねぇ曲ばっかりで乗れねぇ…)となる場合もありますので、
どちらかといえばコアなファン向けのライブですね。

まぁ、僕もどっちかと言えばコアな方だと思うので、
全く気おくれすることなく出陣してきましたよ!ファン歴17年なめるなー!

…さて、そんなコアなライブのセットリストは、
こんな風になっておりました。
(例によって『うろ覚え』なので、
 実際はこのセットリストとは違いますのでご了承くださいませ。)
【特に曲順は全く思い出せなかったのでバラバラだと思います…orz】

★うろ覚えセットリスト
March of the God
ファイティングポーズ
彼女は今日,
プロポーズ
skinny blues
カッコーの巣の下で【新曲!】
Gazelle City
Spiky Goose
Mr.Droopy
split emotion
NO SELF CONTROL
Juliet
my girl
ワカレノウタ
Flag Star
freebee honey
white ash
LAST DINOSAUR
Advice
ムーンマーガレット
ぼくはかけら
No Surrender

どうですか!?このセットリスト!
シングルが『彼女は今日,』『NO SELF CONTROL』の2曲だけです。
しかもこの2曲の発売は97年と98年ですよ。
ファン歴17年の僕がファンになる前後…といえば、
どのぐらい前かわかっていただけるかと思います。渋いですね。
(ハイブリも97年だしストカメは96年であることには目を背けつつ)
あと、ワカレノウタはライブでやるのは初めてと言われてたかな。
でもそれらを除くと、確かに最近の曲は少ないけど
ライブでは良く聞く曲が多い気がしますね。
なんだ、そんなにコアなライブではないじゃないか!!
(ピロウズの曲を聞きすぎて、
 もうどれがコアな曲なのかわからなくなってる可能性が微レ存。)

今回発表された新曲、『カッコーの巣の下で』は
公式サイトを見る限り、シングルではなく
4月に発売するアルバム『STROLL AND ROLL』の収録曲となるそう。
うろ覚えだけど8分の6で展開する綺麗な歌…でした、多分。
(歌詞が大事な歌と思うのですが、あまり聞き取れなかったんだよー!)
激しさを表に出さず内に秘めた"この世の果てまで"みたいな印象でしたね。
アルバムがまた楽しみになってきました。
また、この曲が入ったオリジナルアルバムの発売前の3月には
2枚目のB-Side集もリリースされますし。
来年は色々と楽しみがありますね!
1年以上リリースがなかった分、色々と出てくれるのは望むところです!


さてさて。
ここからはうろ覚えの極致『うろ覚えライブMC』をお送りします。
覚えてるところだけを書いていきますよー。
間違いやニュアンスの違いがあるかもしれませんがそこは平にご容赦を。


★今回のベースはアベさん(ごめんなさい漢字わかりません…)
福岡出身(!)ということなので地元トークをされてました。
懐かしの味は下積み時代によく行ってた焼き鳥屋が出す、
焼き鳥と言う名の豚バラチップス。
(焼かれすぎて豚バラがカリカリになってるというメニュー。)
今回のツアーで久しぶりにその店に行ったところ…。
やっぱり豚バラチップスが出てきたらしい!
(よくやって行けてるよね、そのお店。)

★しんちゃんの10分どん兵衛チャレンジ!
スタッフさんに
『どん兵衛にお湯を入れて10分待つと美味しい』と教えられたしんちゃん。
空腹の中、お湯を入れて10分待った!その結果は…!
美味い!
さわおさん「…オチ無いのかよ!!」

★手段と目的が合わない
真鍋さんの話が聞き取れなかったしんちゃん。
「え、なに!?」と言いながら何故か突然眼鏡をかけた!
何故、聞き取れなかったのに眼鏡!?
のちに、口を見て何を言ってるか確認しようとした、と本人は語ったそうです…。
(まさかの読唇術使い!?)(多分違う)

★真鍋さんが見たしんちゃんの生態
しんちゃんは打ち上げでは酒は飲むけど食べ物をあまり食べないらしい。
しかし、どうやらコンビニ等で買い食いはしてるらしい。
で、ある日真鍋さんが打ち上げ後コンビニに行くと、
しんちゃんがコンビニの店内にいて。
口のまわりをクリームだばぁさせながら、シュークリームを食べていた…!
さわおさん「おじさんバンドだと思ったら、おじいさんバンドだったわ」

★居酒屋にて
ベースのアベさんと一緒に居酒屋に行ったさわおさん。
2段以上のある床の前に靴を脱ぐスペースと下駄箱を見つける。
あぁ靴脱いで段に上がるんだな…と誰もがわかるレイアウトを、
完全に無視して靴で段を踏み越えていく…アベさん。
きっちりとさわおさんにお説教されたそうです。
さわおさん「もしかしてアベくんは福岡以外に欧米とかにも住んでたの?」
アベさん「いえ、住んでないですよ」
さわおさん「あぁ、そう…欧米で靴のまま上がるのが身体に染みついたのかと思ったわ」

★Gazelle City
真鍋さんによるカッコイイギターリフから入るGazelle Cityのイントロ。
今回のライブにて、そのカッコイイ上に目立つ入りを…
完全にすっ飛ばす真鍋さん!(うぉおおい!)
会場全体が「えぇー!?」という気分に包まれました…w
《後のMCにて》
さわおさん「いやぁ、ピーちゃん、Gazelle Cityではやってくれたね」
さわおさん「思わず苦笑いしたわ…」
(ミスの時にさわおさんを見ましたけど、確かに苦笑いしてました…w
 まぁ、あの目立つところで大ミスされると、ねぇw
 1観客としては珍しいものが見れたのでおk!)

★正直『淳さんカムバック!』と思った瞬間…。
《アンコール時のMC》
さわおさん「今日はこんなマニアな曲ばかりやるライブに来てくれてありがとう」
さわおさん「そんなマニアな君たちに向けて贈る…ムーンダスト!」
観客の歓声((((うおおおおおおおおお!!))))
さわおさん「(手をブンブン振りながら)…じゃなかった、違う、違う。」
さわおさん「…ムーンマーガレットだ」
僕「あ…おぉおお…」
(ムーンマーガレットも嬉しいんだけど、
 既にムーンダスト聴くテンションになってたという複雑な気持ち)
さわおさん「ムーンダストだとアベくんが困るから…ね」


コアな曲が並ぶライブで聴くムーンダストは格別で胸に沁みる気がしたんだけどね…。
元々セットリストになかった楽曲をやるのは大変でしょうし、
こういう事情もあると…まぁ、仕方ないですね。
次はベースの方がもう少し色々な曲をできるようになってくれると嬉しいかなあ。
でも、難しいんだろうな…。
次のライブではどうなるんだろう、と
期待95不安5ぐらいの割合で待ってみようと思います。

今年はもう一回更新するつもりなので、年末のあいさつはそのときにでも。
では、また。
posted by Hybrid at 13:18| Comment(0) | うろ覚えライブレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月15日

【ほぼMCのみ】『Buzzy Roars Tour』福岡ドラムBe-1ライブレポ

さわおさんのソロライブツアー、『Buzzy Roars Tour』のうち、
4月14日に行われた福岡ドラムBe-1の公演に行ってきました。

開場10分前辺りから大雨が降り始めたため、整列&入場は中々大変でしたが、
ライブはとても面白かったです!
さわおさんを始め、皆さん素敵でした!
あまりに素敵すぎて、ライブの終了直後、
周りの女性はほとんど皆さん感極まって泣いてまして…!
それぐらいに素晴らしいライブでしたよ!

あと、しんちゃんが痛風に罹ったなんてライブで初めて知りました。衝撃。
(罹っても不思議じゃないよな、とは思ってたけどね…。)

で、今回のライブレポートですがライブのセットリストに関しては、
まだツアーが残っている上に僕が正確に覚えていないので書きません!
あと、数回に渡ってレポートを書くと、時間が経てば経つほど僕の書く気がなくなってくるので…。
長くはなりますが今回は1回にまとめて、
主にライブ中に行われたMCについて書いてみました。

それでは、ご覧ください!

【※注意!
 …MC内容は僕の記憶で書いています。
  本来は会話文なのに、記憶と話の内容を繋げる都合上、会話文にしてない部分も多々です。
  また、細部などが違う可能性もありますが、ご理解ください。】
 (間違っている部分がありましたら、指摘していただけると助かりますー!
  特にメンバー紹介の時は記憶が断片的ですので、お気をつけを!)




【さわおさん登場時の言葉】
しんちゃんもPeeちゃんも高橋くんもJIROくんもいないのに、よく来たな君たち!


【the ピーズのライブをみんなで見に行った話。】
昨日の夕方福岡に到着したので、
その足で4人そろってピーズのライブを全員で見に行ったそう。

(さわおさん)
「ピーズめちゃくちゃカッコよかったんだよ。
 でも、真ん中のじじいはカッコ悪かった。
(※…『真ん中のじじい』はもちろん(もちろん?)
 the ピーズのゲストドラムスこと、
 ピロウズのドラムス、佐藤シンイチロウさんです。)

(淳さん)
「いやいや、しんちゃんもね、カッコよかったよ。」

(さわおさん)
「いや、あのね、プレイはものすごく上手いんだよ。
 上手いが、カッコ悪い。


また、ピースのライブを観に行った4人にはそれぞれ2階に席が用意されていて、
そこにはしんちゃん手書きの文字で「どうぞ召し上がってください」という言葉と共に
ツマミが置かれていたそう。

(さわおさん)
「ツマミ置いて手紙とか、明らかにキャラに合ってねぇよ!
 あいつ、痛風になってて自分がロクに食べられないからって何やってんだ。


【the ピーズのライブ後。打ち上げにも行かずに…】
the ピーズのライブ後。さわおさんは打ち上げに行こうかと思ったけれども、
ライブの前日に声を出すのはできるだけ避けようと思い、打ち上げには参加せず。

その後、打ち上げを我慢してライブ会場からホテルへ向かうさわおさんと淳さんは、
すごく可愛い、女性の客引きに会う。

ライブ前なのでしゃべりを避け、打ち上げすらも断っていたさわおさん。
にもかかわらず可愛い客引きにデレデレになり、
店に行く気もさらさらないのに「どうしよっかなー」とかいいつつ会話を伸ばすさわおさん。

そんな時、ふと、その可愛い子があることに気づいた様子で、
さわおさんに声を掛ける。


「あ、ピロウズのさわおさんですかっ!?」


さわおさん愕然…!

(さわおさん)
「知ってたなら最初に言ってくれよ!
 そしたら、『いや、ごめん、明日ライブなんで』と言って断ったのによ!
 『44歳のおっさん』から急に『ピロウズの山中さわお』にはなれないんだよ!」

(淳さん)
「そのスイッチの切り替えに失敗したんだよね。」


【メンバー紹介時】
(※…記憶が曖昧なので、覚えてることを箇条書きで。)

【山倉さん】
・ギターのサポートメンバー山倉さんは博多に来たのは初めて。
・というか、九州が初めてらしい。
・関門橋が見える所で写真を撮ったそう。
・関門橋を『かんもんばし』と呼んでた。(※地元民としては「ぐぬぬ」…。)
・広島ではお好み焼きをたくさん注文し全て完食した。
・たくさん食べた理由は『貧乏だから(美味しいものが中々食べられない)』ということらしい。

【楠部さん】
・「カッコいい方のしんちゃん、楠部真也!」
(ドラムのサポートメンバー楠部さん紹介時のさわおさんの言葉)
・楠部さんはお酒を飲めないので痛風の心配はなし!安心だね!

【淳さん】
・淳さんも最近は痛風に気を付けている。
・そのため広島でお好み焼き食べたときも最初からチューハイを飲んでた。
(痛風に罹らないよう、ビールを避けた結果。)
・痛風には気を付けているので安心です!

【さわおさん】
・人間ドックに行った時『臓器がきれい』と言われている。
・普段飲むのはプリン体がほとんど入ってないウィスキー。
・だから痛風にはかかりません!安心です!

【その他】
・痛風でも頑張るしんちゃん。
・それでも普通に上手いドラムを叩いていたしんちゃん。
・12日酒を絶っていたためか元気がなくなってたらしいしんちゃん。


【事務所の引っ越しからデモ音源の話】
さわおさんの事務所がゴミ屋敷みたいになっており、
取材すらも事務所で受けられないような状態になっていたため、
22年目にして引っ越しを敢行。

これにより、事務所は一気に倍以上の広さになり、
引っ越し時にゴミも捨てたので非常に快適に。
それに伴い、ついに、仕事場にさわおさんのデスクが!!
アーティストが事務所に机を持ってるというのは不思議にも感じるが、
そこでデリシャスレーベルの作業等をされてるらしい。

そこで、デモ音源の話。

その作業場に、
『デリシャスレーベルに入りたい!』という人たちからデモ音源が届くようになった。
さわおさんは届いたデモ音源は全て聴くようにしているそう。
でも、そのデモ音源。いろんなタイプがあるらしい…。

まぁ、大抵は『さわおさんのレーベル』と知って送ってきてる人なので、
大体は、いわゆるオルタナティブな音楽が送られてくる。
さわおさんはその音源を聴き、審査をするそうだが、中には、とんでもないものも…!

一つは明らかにさわおさんと方向性が違う人。
どうやら、相手先がどのようなアーティストを求めているのかを理解しないまま、
手当たり次第に送ってくる人たちがいるらしい。
これは『うん、これは俺がプロデュースする必要ないよね?頑張ってね?』とさわおさんが思う人たち。
ま、でも、これはいい。

もう一つのパターンは明らかに変なゴマスリをしてくる人。
例えば、応募要旨をパソコンで書いてきてるのに、
好きなバンドの所に、突然手書きで『the pillows 怒髪天』と書いてくる人!

多分、他の事務所にも出すために書類をまとめて印刷しているのだろう。
けど、そんなのわざわざ書き加える必要もないし、ゴマする気満々だしふざけるな、と。

(さわおさん)
「こんなの書いてあると、審査厳しくなるよね。」


そして、最後に紹介されたのが。
なんと、50代ぐらいの男性から応募があったらしい。

添付されてた写真には、
前髪がはげてて後ろから無理矢理髪を前に持ってきてるような、男性が映ってた。

この時点で衝撃的だけど、書類には、


活動場所、自宅。

ライブ予定、なし。


との記載が。


もう嫌な予感しかしない。
…嫌な予感しかしないのだけど、その、肝心の、音源の中身は…!!


フンフフンフンフーン♪


…なんと鼻歌!!!

鼻歌が入っていたそうだ。
しかも、鼻歌だけなのに、
始まる前にペチペチペチペチと膝を叩くようなカウントが入っている!
演奏者いないんだからカウントなんていらないのに!!
そして収録曲数は驚きの2曲!
もちろん2曲とも鼻歌!!!
これは衝撃!

さわおさんもあまりに衝撃だったので、
マネージャーさんを急いで呼び、マネージャーさんにも聴かせたりしたそう。

(さわおさん)
「俺1人じゃ受け止めきれなかった…!」



【ピロウズの今後に際して】

(さわおさん)
「このツアーが6月2日に終わるんだけど、
 それからはまたピロウズのレコーディングに入ろうと思ってる。
 で、最初はやっぱりシングルからリリースしようと思ってるからさ。
 そうすると、2曲ぐらいあればいいじゃない?
 でも、俺は、もう既に7曲書いている!
 …楽しみに待っててくれ。」
posted by Hybrid at 01:37| Comment(0) | うろ覚えライブレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月21日

うろ覚えライブレポート【整列編】

【あらすじ】
初めてのライブ観戦。
iPhoneもロッカーにしまってしまい、
暇であきれかえるほど待った頃、
ようやく入場が始まるというアナウンスが…。


「それでは今から入場をするための整列を行います!
 まず、整理番号1番から100番の方は入り口前に集まって下さい!」

というスタッフさんのかけ声で、
集まっている人の一部が入り口に向かって進んでいきます。
つまり、その人たちは当然整理番号が1番から100番の人ですね。すげぇなー。

ちなみに僕の整理番号は228番でした。
なので、ぼけーっと待つことに。

そうこうしているうちに100人ほどが列に並ぶ作業も終わり、
「それでは次は101番から200番の方、
 入り口前の列の後ろにお並び下さい!」と、
スタッフの次アナウンスが。

それでまた、待っている人がトコトコと入り口前へ進んでいきます。

むー。にしても、
自分より番号が上の人ってうらやましく感じますね。
なんだか僕らが取り残されてるような、そんな感覚がします。
まぁ次には僕も呼ばれてあの列に並ぶので、
大差ないちゃないんですけd


それでは、残りの方々はドームへ行く階段で整列しますので、
 後ろに下がって下さい!



…なんですと?


ここで大きい分岐があるとは。

なんというか…。
自分の番号が228番だから、
頭では先んじて前に進んだ200人と大差なんてないと解ってるんだけど…。

負けた気分が、した。

例えるならたった20円の違いなんだけど、
2000円と1980円の間に大きな印象の隔たりがあるみたいな。
そんな感じですよ!(だから?)


「それでは201番から400番の方は、
 階段の右側に並んで下さい!
 整理番号はお客様同士でご確認してお並び下さい!」
というアナウンスが起こり、僕もようやく並んでいきます。

(201番から400番までの人が並ぶということは、
 俺は階段の前の方で待ってればいいのかな?
 近くにいる人に番号聞きながら並ばないと…。)

と思ってたら、「何番ですか?」と声をかけられました。
「228です。」「あー、じゃあ僕が前ですね。」
と言われ、そそくさと訊いた男性は僕の前に。
んで、自動的に僕はその人の後ろに。

あーなるほど。
訊かれると楽ですね。
訊かれてるうちに正しい位置に行けそうです!

そのうちまたさらに人が尋ねてきます。
「何番ですか?」「228番です。」
「わかりました!(と言いつつ僕の後ろに。)」

その後も、
「何番ですか?」「228番です。」

「何番ですか?」「228番(ry

「何番で(ry


…何度訊かれるんだよ。


何でだよ!?
いくらなんでも訊かれすぎだよっ!
何でみんな俺に訊くんだよ!
そしてなぜか俺以外には訊かないヤツ多いし!
そのせいで、位置が“俺の前かそれとも俺の後か”しか決まらないから、
俺の周りだけ妙に列が膨らんでるし!どゆこと!?

…むぅ。
何だかね、道歩いててもよく話しかけられるんですよ。
どうやら、話しかけられやすい気質らしくて。
そういう自覚は持ってたんですけど…。今回思い知りました。
訊かれてる人に訊くのが訊きやすいんでしょうが、まさかここまでとは…。


そんな風にもの思いに耽ってる頃、整列もすべて終わり、
何時の間にか階段には1000人ほどの人が綺麗に(?)列を作っていました。


ようやくこれから入場です!

【続く!】
posted by Hybrid at 22:34| Comment(0) | うろ覚えライブレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月06日

うろ覚えライブレポート【待ち時間編】

【前回のあらすじ】
初めてのライブ参戦。
なんとか会場に着いた。
そして、トイレ行きたくなった。


トイレ行ってきたぞー。
さて、スッキリしたところで会場を眺めてみますかね。

んーと、あれ?
入り口近くに人だかりができてる…。
行ってみようっ!
何やってんだろ…。

あ、あ、あー!!
物販やってるじゃん!
買う!買うー!タオルとか買うー!!
ダダダダダー!!(心の中の勢い。)
テクテクテク。(実際には歩きで近づく。)

バッ!!(スタッフさんに止められる)


「物販の先行販売は現在を持ちまして終了いたします!
 今お買い上げいただいてる方以外は、
 会場内にも同一商品を販売いたしておりますので、
 そちらでお買い求めいただきますよう
 よろしくお願いいたします!!」

え。

えーー!?
もしかして、ギリギリアウトってヤツですか。
そうなんですかっ!?

今買えるなら今買いたかったのにー!のにー!
会場内で買うとか混むに決まってるんだからさー!
そんなこと初参戦でもわかるんだからさー!さー!


…ま、いいか。
あきらめよっと。
仕方ないしね。俺も大人だからね。

…大人としてはあり得ない狼狽の仕方してるけど。

あきらめなきゃ…ね。グスン。

あ、でも、物販会場の近くにロッカーは見つけたぞ。ラッキー。
今のうちに上着とかiPhoneとか入れとこうっと。


しかし。それから。
iPhoneをロッカーに入れたことを後悔する、
地獄の待ち時間到来。


はっきり言ってこの時間。
暇で仕方なかったのです。
iPhoneという最強の暇つぶしツールがないという状況。
ぼけーっと周りを見続けるしかない時間の到来です。
しかも腕時計も持ってきてないから、
iPhoneがなくて時間すらわからない。
ですから、感覚でしか時間がわからないんですが…。
かれこれ、1時間ぐらいぼーっとしてたはずです。

これは辛かった。
なぜか、前に立ってた人と30秒ぐらい、
目をじーっと合わせてしまうぐらいに辛かった。
(自分でも意味わかりません。何であんなことを…orz)


あー、そろそろ限界だなー。
数回思った頃。

ようやく、スタッフさんがメガホンを持って
こっちにきてくれました。

「それでは、今から入場をするための整列を行います!」


【続く!】
posted by Hybrid at 01:42| Comment(0) | うろ覚えライブレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月06日

うろ覚えライブレポート【会場到着編】

【前回のあらすじ】
 ライブ会場がヤフードームの近くにあると知り、
 ヤフードームの最寄り駅までやってきたのですが、
 道がわからなくて少し困っていたところで、
 地図の上にマジックで書かれたあやしげな落書き発見。
 それによると、『信号を右折した先にヤフードームがある』
 という記述が…っ!


さて。
それでは怪しげな書き込みを信じてヤフードームに向かいますか。

トテトテ(歩行音)…。
信号を右折してまっすぐ、ね…。
トテトテ…。

あ。ここらで
『ヤフードームはこちらをまっすぐ』と書かれたしっかりしてる看板を見つけたので、道に関しては確信を持って歩いてますよ。
良かった良かった。トテトテ…。

…おっ!
前にナップサックを背負った若い男性二人組を発見!

ピキィーン!(第六感)

今なんかピンと来た!
まず間違いない!あの二人組もバスター(the pillowsファン)だ!仲間だ!

…えーと、結論から言いますけど、
この第六感、実は当たってて。
この後この人たちについて行って会場までたどり着くんです。
なんというか…。わかるんですよね、仲間って。
明るくしててもどこか陰がある感じがするんですよねー。

ま、それはさておき。

つきました!
ヤフードームー!

image-20110306211506.png

でかっ!
初めてドーム間近で見たけどでかっ!
そーだよなー。広島に住んでた時は、広島市民球場ですらでかいと思ったもんなー。
アレに比べたら、ドームはでかいに決まってるよなー。(失礼です。)

…って。
今日の目的地はここじゃねぇ。


今日の目的地はっ!こっち!


image-20110306211543.png

Zepp Fukuoka!!

うわー!
来ましたよー!
位置的にはドームの写真を撮った場所の左側真下、と言えば伝わるでしょうか。
ドーム正面にある長めの階段を降りたらすぐ左にある建物です。

ドームと比べるとさすがにこちら小さく見えるけど、
それでも2〜3000人は収容できる会場ですよっ!


でも、ようやく着いたー。
良かったーっ!

……。


安心したらトイレ行きたくなってきたよ…。
トイレどこ?トイレどこっ!?


<続く>
posted by Hybrid at 21:20| Comment(0) | うろ覚えライブレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする